スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルブミン値

高齢者の栄養状態の指標に使われる血清アルブミン値

アルブミンが低下していると肝疾患や栄養失調が疑われます。しかし欧米では肝臓での見方が主で日
本でも見直しされる。と聞きました。高齢者の低栄養状態って一体どうやってみるのでしょうか?

やっぱり体重だと思うのです。
施設では年に一度の血液検査。臨時で血液検査をしてもしもアルブミン値が低くてもDrからの指示はなにもなしというパターン多いですよね。それに、3.0くらいならそのままスルーです。

血液検査結果をもらい、私が見るのはアルブミンCRP。CRPは炎症反応をみる指標です。体のどこかで何かあれば高くなります。その他クレアチニン クレアチニンは筋肉量が少ないお年寄りは低くなります。他はその方の病歴や何で検査したかによって

近いうちに血液データの研修に行く予定です。
またお知らせします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。