スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べさせられる口と食べる口

食事介助が必要な方はとても多い。
でも、介助の方法によって食べ方は全然違うのです。
ただ、椅子に座りスプーンにのった食事を口を開けて待っているのと、
少しでもスプーンに触れ自分で手に持っていって食べるのと。
スプーンを持っていく事が1人で出来ない方が殆どですが、介助者がスプーンから口へ運ぶ事を介助する(手を添えて一緒に口に運ぶ)
または、上手くスプーンにのらない場合はそっとのせてあげる。

食べさせられると自分で食べる時では口の開く大きさが全然違うのです。
食事介助は楽になるし本人は食べる準備ができるのでむせにくくなり誤嚥のリスクも低くなります。
食べるという事を認識するには手を動かす事、目を動かす事。体の全てが関わります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。