スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褥瘡を見る

残念ながら、退院してこられた利用者さんは褥瘡ができてしまっています。かなり大きなポケットが。看護士が処置をする際に「何時頃にされますか?見せてもらいたいのですが」と申し出てみました。本当に痛そうで気の毒で何としてでも早く治してあげたい!!痛がる利用者さんに「もう少うだから。痛いという事は皮膚が死んでないって事だから」と話かける看護士。そうかあ、確かに。と納得しました。アイソカルゼリーを提案し食べてもらっています。最近は少し顔色もよくなってきたようです。栄養士も見せてもらえるチャンスがあるなら見てください。きっと、利用者さんに対しての気持ちが変わります。そして、申し送りの際看護士介護士の言っている事がよくわかるようになります。褥瘡についてはまた詳しく書きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。