スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場にはいる。

今年度(昨日)から施設の食事を見直すために現場に入っています嚥下対応食として常食と嚥下対応と2種類の献立をたてる事にしました。今まで、酢の物やひじき等も無理やりミキサーにしてましたが美味しくない、食べにくい嚥下対応食の展開は私がしています。現場に入るといろんな事が解ります。たまには現場も大事委託会社は私が入ると緊張するらしくそれはそれでいい刺激みたいですよ。昨日の献立は赤飯、鮭のタルタルソースかぼちゃの煮物、はんぺんの赤だし。常食は赤飯、天ぷら、たけのこの煮物、あさりの赤だしでした。施設ではどうしても嚥下の悪い方に合わせて筍など出せませんでしたが分けることで普通食はより普通食らしく、嚥下食はより安全で食べやすく。を目指します。
今回して気付いた事、ミキサー食はかなりのだし汁で薄めているので栄養価はかなり低くなっているという事でした。改善点だらけですが、今月は現場で奮闘する予定です。
写真はムース食、ミキサー食、ゼリー食です。

mu-su

mikisa-

zeri-




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。