スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃ろうの水分は白湯でなければいけない?

胃ろうの方への水分はどうされていますか?
私はDrと栄養量を決定する際にこれぐらいは入れてください。と話をしています。

その水分。白湯ですよね?
その白湯がですね、全く医学的根拠がないそうです。
水道水で全く構わないんですって。
先日話を聞いた宮澤靖先生の所は水道水で全く問題はおこってないそうです。

根拠がない事って結構多いんだなあと感じました。
早速看護師に伝えましたが未だ白湯を使っている我が施設です。
まあ、看護師さんが手間だと思わないなら白湯でもいいかあ~と思っている私です。
スポンサーサイト

胃ろうについて①

先日、勉強したことを1つ。
経腸栄養剤と水を足しているか?足していないか?
理由は?いいのか?悪いのか?

答えは基本的には混ぜないほうが良い。
「細菌汚染」の問題と「浸透圧」の問題から別々のほうがいいのだそうです。
昔の栄養剤は浸透圧を下げることにより許容性を確保するという考えが主流だったので混ぜていたそうです。

ちなみによく言われませんか?胃の中に入れば一緒じゃないの?って。
いいえ、一緒ではありません。
水60mlは7分栄養剤60mlでは15分と胃の貯留時間が違うのです。

嘔吐などのある方では水を先に入れ、しばらくしてから栄養剤を入れればよいことはよくわかりますよね。
看護師さん達に忙しいから一緒に入れる。と言われた場合にこの説明をすれば納得してもらえるかな?

栄養剤と水を混ぜないほうが良い事はなんとなく解っていたけど、細菌汚染までは思ったんだけどこうやって何故別々の方がいいのかを説明できる事は大事ですね。

これからの特養

先日、近森病院宮澤靖先生の講演を聞きました。
すごく勉強になりました。
これからの施設栄養士には今までよりももっと臨床が求められると話されました。
今まではアメニティ重視だった施設ですが重度化が進み経腸栄養も増えています。
行事食に力を入れるのも大事ですがこれからは臨床もどちらも必要とされます。

またブログで経腸栄養の話もしていきたいと思います。
一緒に勉強していきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。