スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂食嚥下についての研修

施設内で行う事になっている研修の準備をしています。
栄養士は1人なので大変。
1人介護士を捕まえて・・・

今一番食事介助が難しい1人を取り上げビデオ撮影。
実際に食事している所を見ながら検証していきます。
施設内なのでモザイクや顔を隠したりしなくていいのです。
VFや頸部の音も聞いてもらう予定です。

施設という所は介護士の入れ替わりが激しいのです。
経験のある人もない人もいきなり嚥下障害のある利用者の食事介助に入ります。
しっかり摂食嚥下の勉強をしてもらい安全な食事介助につなげてほしいです。

スポンサーサイト

骨のついた秋刀魚

sannma
久しぶりの更新です。
毎年皆が楽しみにしている秋刀魚の季節がやってきました。
私の勤める施設では秋にバーベキューコンロで炭でさんまを焼きます。
当日の朝市場からの新鮮な秋刀魚を届けて貰います。
(ちなみに施設は市場から近くいつも荷物は市場から届きます)

今年の秋刀魚は特別よかったです。
栄養士の特権で刺身にもしてもらい食べました。

さてさて、この秋刀魚。
ミキサー食とゼリー食以外の方は全員召し上がります。
普段ムース食の方で骨がとれない方は職員がとってくれます。
しっかりした方にはそのまま渡します。
皆さん本当に上手に骨をとって食べていますよ。
やれないのではなく、やらないから出来ないんだと毎年思う出来事です。
普段は骨付きの魚は使いませんが、長年食べてこられた魚。まして焼きたて、そとでは焼いてる良い匂い!これはどよい給食はない!と私の自慢メニューです。

毎年、毎年職員の方が楽しみにしているかのように秋刀魚を焼くのがプロ級の男性職員や夜勤明けでも残ってお手伝いをしてくれる職員さんに支えられて施設の給食ってなりたつのだとつくづく思う出来事です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。