スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大往生

栄養士の友人からメールをもらいました祖母が亡くなり忙しくしていました。98歳の大往生でしたと。98歳かあ~。凄い長生き。ご冥福をお祈りします。

何歳の方でも人が亡くなるってやっぱり凄く哀しい、寂しいなあ~。と90、100歳の方と毎日接している私は思います。一つの命がなくなるって大きな事です。命大事にしましょうね。
スポンサーサイト

今、栄養士が知りたい事

5月ごろに、奈良県で栄養士達を集めて勉強会を開催する予定で今案をねっています。
事例発表をしてもらいたいニコちゃんとある栄養士さんにお願いしたら、まあやってみます。と引き受けてくださいました。どんな事例がいいですか?と聞かれ逆にどんな事で悩んでいますかはてなとするたずねると胃ろうの方が増えたのでその方の栄養管理について。水分量とかよく解らないし。看護士に提案する立場だけどメーカーもたくさんでよく解らないです。との答えが。なるほど。利用者の重度化が進む施設では、胃ろうの方が増えています。少し前は胃ろうは受け入れないという施設もありましたもんね。研修会ではそういう視点からも勉強したいと思います。

異物混入

ここ最近、職場で異物混入が多くて困ってます今回はビニールの破片が意図的にした訳でないのはよく解るのですが頻繁なのでちょっと困ります。食事介助の方なので職員が見つけたので良かったのですが。普段、委託業者は本当によくしてくれて評判もいいのであまり大事にはなりませんが、これが給食の評判の悪い、委託業者ならば大変です。とは言えやっぱり困るのでキツク言ってますが。こんな事で困っている栄養士もいるでしょうね。困りました・・・

肝臓の働き

先日アルブミン値の話をしました。アルブミンは肝臓の機能に影響されます。肝臓の働きを改めて。

①糖質代謝

②たんぱく質代謝

③脂質代謝

④胆汁生成

⑤解毒昨日

要するに、肝機能が低下すると栄養をきっちり代謝できずに血液中にでてしまうという事なんですね。

アルブミン値

高齢者の栄養状態の指標に使われる血清アルブミン値

アルブミンが低下していると肝疾患や栄養失調が疑われます。しかし欧米では肝臓での見方が主で日
本でも見直しされる。と聞きました。高齢者の低栄養状態って一体どうやってみるのでしょうか?

やっぱり体重だと思うのです。
施設では年に一度の血液検査。臨時で血液検査をしてもしもアルブミン値が低くてもDrからの指示はなにもなしというパターン多いですよね。それに、3.0くらいならそのままスルーです。

血液検査結果をもらい、私が見るのはアルブミンCRP。CRPは炎症反応をみる指標です。体のどこかで何かあれば高くなります。その他クレアチニン クレアチニンは筋肉量が少ないお年寄りは低くなります。他はその方の病歴や何で検査したかによって

近いうちに血液データの研修に行く予定です。
またお知らせします。

給食委員会

月に一度、給食委員会という会議をひらいています。参加メンバーは生活相談員・ケアマネ・主任・副主任・給食委員・看護士・委託会社営業・主任、施設長がいれば施設長も楽しい
内容は、行事予定の確認や1ヵ月間にあった入退院・食事変更の再確認やら気になる利用者の話等等。皆が同じ時間に集まれる時間なんて殆ど皆無。まして委託会社なんてなおの事。なのでこの会議は内容の濃いモノにしたいのです。嚥下状態の落ちてきた人。体重減少のある人。最近の食事を見ていて思うこと。介護士・看護士に聞きたい事も聞き普段給食で困っている事なども確認。今月は来月のひな祭りはどうします?甘酒つけます??みたいな話もしましたよ。給食委員会の会議録はその後メールで全職員に閲覧できるように送ります絵文字名を入力してくださいそれだけしていても中々連絡事項などは伝わらない事しばしばですが・・・日々の申し送りや廊下でつかまえたりして話はしますがこういう会議の時間は有効に。そして給食委員さんの協力も。他の施設はどんな風に他職種と連携とっているのかなびっくりマークとはてなマーク

褥瘡を見る

残念ながら、退院してこられた利用者さんは褥瘡ができてしまっています。かなり大きなポケットが。看護士が処置をする際に「何時頃にされますか?見せてもらいたいのですが」と申し出てみました。本当に痛そうで気の毒で何としてでも早く治してあげたい!!痛がる利用者さんに「もう少うだから。痛いという事は皮膚が死んでないって事だから」と話かける看護士。そうかあ、確かに。と納得しました。アイソカルゼリーを提案し食べてもらっています。最近は少し顔色もよくなってきたようです。栄養士も見せてもらえるチャンスがあるなら見てください。きっと、利用者さんに対しての気持ちが変わります。そして、申し送りの際看護士介護士の言っている事がよくわかるようになります。褥瘡についてはまた詳しく書きます。

仕事での喜び

先日、髪の毛を切りました。ほんのほんの少しです。誰も気付かない。でも利用者さんの一人が「髪切ったの?」って。気付いてくれました。誰も気付かなかったんですよ。ありがとうございます。こういう時仕事している喜びを感じるのです。

ブログ開設

高齢者の食に関するブログはじめました。
よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。